トヨタのランドクルーザー

今乗っている車は、わたしが幼い頃、両親が乗っていた車と同じ車種でした。
トヨタのランドクルーザー70のガンメタ色。
幼い頃からずーっと乗りたかった車です。
しかもミッション!
この車に乗るために、免許をMTにしたようなものです。
どこが魅力的か。
それは、「顔」です。
丸いライト、バンパー。
丸いライトを見ていると、とても愛らしく思えてくるのです。
なんでこんなにもランドクルーザー70が好きなのか。
幼い頃、あるロボットアニメを見ていました。
そのアニメの主人公が乗っていたロボットが、ランドクルーザー70と重なり、まるで自分が操縦しているかのような気持ちでいつも後部座席の真ん中に座っていました。
頭の中で、対向車線を走っている車を敵と置き換えて、すれ違う瞬間にミサイル発射!
なーんて、男の子のような、なんとも子どもらしい妄想をしていました。
今考えると、すごく恥ずかしい…。
でも、このアニメを見ていなかったら…妄想をしていなかったら、きっとランドクルーザーには思い入れはなかったことでしょう。
だんだんと大人になるにつれて、やはり女子なものですから、車が好きだ!なんて友達には当然言えず。
変な子だと思われるのが嫌だったのです。
ですが、大人になってランドクルーザーに乗っていると、声を大にして、この車が好きだ!と言いたいです。
私以上にランドクルーザーを好きな女性がいますし、負けてられません(笑)
以前、ランドクルーザー同好会のようなものに出席させていただいたのですが、楽しくて楽しくて。
まだまだわたしの知らないランドクルーザーの魅力があるようです。
山を走り回ったり、オフロードを走ったり…。
愛車としたいこと、行きたいところはたくさんあります。
中古車販売店に相談に行ったときに、ランドクルーザーの70じゃないと嫌だ!と意固地になって、親と店員さんを困らせてしまったことはよく覚えています。
ですが、両親もわたしがどれだけランドクルーザーが好きなのか理解していましたし、こんな風にしたのは自分たちだと言っていました(笑)
店員さんも、車がとても好きな方で、わたしのランドクルーザーへの愛を受け取ったらしく(笑)、一生懸命に探してくださいました。
本当に感謝です。
どれだけ壊れても、色が褪せても、今の愛車とは、一生を共にしたいと思っています!
もう、理想の彼氏のような感じです。
たまに、彼がわたしが車ばかり乗っているところを見て、たまには相手をしてくれと言われます。
それくらい、ランドクルーザー馬鹿なんです。(笑)
これからも愛車といろんなところへ遊びに行き、思い出を残していきたいと思っています!

廃車費用