手芸

始めたきっかけは、幼稚園のママ友同士で手芸を教え合うグループに誘ってもらったから。子育て中で、じぶんの自由に使える時間がこどもの寝た後の数時間しか無かったため、そこで出来ることを探していたときに、偶然声をかけてもらったので、そこから始めることにしました。

始めのうちは久々のお裁縫が楽しくて楽しくて!
それまで子育て一色の生活だったので、ストレス発散だー!なんて、張り切って材料を集めすぎて、材料費がかさみ過ぎてしまったり、夜遅くまでやり過ぎて寝不足になってしまったり、ストレス発散どころかヘトヘトになってしまい、主人にも怒られ、子どもたちにも迷惑をかけちゃうような失敗もしました。本末転倒ですよね~。

それでも少しずつペースをつかみ、気の向いたときに、子どもの髪ゴムやパッチン止め飾り、移動ポケット、ゴムスカートなど、数時間で作り終えられる小物をメインに、日常生活や体に負担のない程度に作るようになりました。

材料も100円ショップのものをうまく使ったり、可愛いものを安コストで簡単に作る!をモットーに、ちょこちょこ集めては組み合わせを楽しんでみたり、ゆっくり自分のペースで楽しめるようになっていきました。

難しいところは得意な友だちに教えてもらったり、手芸店の情報交換など、友だちの中でもどんどん輪が広がって、手芸を通して人間関係も広がりました。広がりに広がって、幼稚園のバザーに出品したり、いつの間にか自宅でちょっと…の域を超えていたり。嬉しい繋がりがいっぱい増えました。

そして、何より子どもが喜んでくれる!
これって最高ですよね。子どもが目を輝かせて、可愛い~!って言ってくれるだけで、こちらも大満足です。もっと作ろうか?次は何色がいい?なんて、こちらもちょっと調子にのっちゃったりして。

ママ友の間でも、プチDIYやプラパンなど手芸といっても幅広く各々の得意な分野があるので、「これ作ったの、良かったら使って~」なんてプレゼントし合ったり、「これ新しく作ったの?」「何これどうやって作ったの?すごい!」「可愛い~!」なんて会話が繰り広げられ、何だか女子力が上がった気分です(笑)
しかも、それで終わらず、「これで○○(テレビのキャラクター等)出来ない?」「イヤリングにも変えられる?」など、一つの作品が七変化したりします。ママたちのアイデアはすごいです!

この夏は涼しいコットンスカートや手ぬぐいで作るズボンを作っています。どれも手縫いでもミシンでも、どちらでもできる簡単なものばかりですが、子どもたちが喜んでくれるといいな~!

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です