カラオケ

私の趣味はカラオケです。 うち…

私の趣味はカラオケです。
うちの祖母がとても上手でステージで歌ったりしてる姿を見ていつも幼いながら羨ましく思ってきました。
当時は口ずさむ程度しかしてませんでしたが、中学に上がり、塾に通い始めた時に日帰り旅行でバスの中でカラオケが始まりました。
当時は歌える曲と言うと祖母が歌ってた演歌ばかりで中学生の頃の私はとてもじゃないけどみんなの前で歌う事が出来ませんでした。
そこでみんなから何でもいいからと言われたのですが、全く歌えない状況にその場がしらけてしまいました。
その時幼馴染みの友達が私が歌うよと言って、自信満々にキョンキョンの学園天国を歌っていて凄く私の目には格好良く見えました。そしてその日から友達に歌を歌いたいから教えて欲しいと言い、田んぼ道を毎日のように大声で歌いながら二人で練習しました。
その頃からです。歌がとても好きになり、毎日のように練習しました。
まずは好きな人を探し、その人になりたいと言う気持ちからものまねを練習しました。
そこでその人の特徴を掴んで何十回、何百回と練習し、少しづつ自信がついてきました。
そして次に森高千里さんの私がおばさんになってもをものまねが出来る様になったので振り付けを覚え、友達に教える様にまでなりました。
そして更に自信がつき、遂には華原朋美さんやglobeを練習し、ビブラートが出来る様にまでなりました。
みんなから誉められる度に気分が良くなり高校では毎日のようにカラオケに行き練習三昧でした。
そして短大では文化祭で5人と振り付け付きでTRFを歌い、優勝しました。
その頃は歌手になる夢を密かにもってましたが、父から引っ込み思案だと難しいし、売れなかったらどうするんだと言われ、涙ながらに諦めました。
そして社会人になるため面接で趣味を聞かれ、カラオケと答えたら誉められました。
その会社の課長は私にこう言いました。
面接と言うとみんなピアノや音楽観賞と綺麗に纏めて来るけど、大抵嘘が多い。でもあなたは正直に自分の趣味を言った。偉いね。接客するにあたってストレスは付き物。それを発散する方法で一番良いのが声を大きく出すこと。それをあなたはカラオケで発散が出来る。でも何故正直に答えたの?カラオケと答えたら落とされるとは思わなかったの?と聞かれ、私は聞くのも好きだけど、観賞と言える様な歌ではないです。私は歌う事が好きなんです。と笑顔で答えたらその真っ直ぐな所が惹かれたと言い見事合格しました。
今では結婚し、旦那さんがカラオケを好きでない為、あまり歌う事をしなくなりましたが、ストレスが溜まったら旦那さんに言って連れてって貰おうと思いました。

 

http://CoreCubed.co/